スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
すごいぜ酵母菌!!
後日談。

この時仕込んだ酵母なあいつ。


プルーン酵母大成功。

気温が低かったので、
一つの布団で夜を共にし
同じ朝を迎えたりもした。
腕枕してやったりもした。
パフパフしてやったりもした。

そこまではしてない。


日を経る毎に、ビンを振ると泡が上がってくる。
そして、いよいよXデー。
蓋を開けるとポンッと破裂音がし、泡があふれてきた。
涙もあふれてきた。

坂道を転がしたコ○コーラのよう。
酵母菌とやら、やりやがるな。

恐るべし細菌類。
人類が総出を上げて細菌と戦っても、
奴らには敵わないと悟った。
気怠い敗北感。
もう、終わりにしたい。
人類などさっさと滅んで、
次の時代を細菌達に譲ってしまえ。

・・・と、うなだれている場合でなく、
さっさと元種作りへGO。


酵母液と地粉をまぜる。
そしてまた、ひたすら酵母菌を見守るだけ。
己に出来ることなど、たかが知れてる。

本によると16時間くらい。
発酵のピークを過ぎて落ち着くまで。

うーむ、寒いせいか、なかなか発酵が進まない。

私は、農業で肥料を作るので、
発酵してるかどうかくらいは分かるぞ。
何事もマニュアル右ならえすりゃあいいってもんじゃない。
臨機応変、ケースバイケース。

様子を見続けること1日半。
やっとこさ、気泡がブクブク、量倍増。
スーパカップ以上になった。


このあと、再び地粉を足して待機を2回繰り返さねばならない。
自家製天然酵母パン作りへの道は長く長く長く長い。

がんばれ、酵母!!
がんばれ、わたし!!


早く『天然酵母のパン焼けましたー』という記事が書きたいという話。
スポンサーサイト
[2010/04/30 13:56] | 食&手しごと&エコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。