FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
怪傑にゃんにゃん。
猫が多い。

辺りを見回せばうようよ。
10匹はいないが5匹は絶対おる。

気ままに周辺の家の屋根やベランダを徘徊。
我が家の庭の木の下は黒いのと三毛の休憩ポイント。
ついでに、木で爪とぎしやがる。

結構な数の猫が集まるから、
昼夜構わず闘争勃発。
フーフーニャゴニャゴと穏やかでない。


どうしてこうなったのか、原因がある。

斜め向かいのオバチャンが猫にエサをやるのだ。

しかし、決して家には入れない。
飼ってるとは言い難く
朝晩、玄関先でエサをやり、じゃれるのみの状態。

猫の様子を見ていれば分かる。
だって、猫のうろついている場所って
全てオバチャン家の玄関が見える場所やんけ。

のんびりしてるように見えて、
実は常にオバチャンの帰りを待ってるわけだ。


<オバチャンのプロフィール>
・50歳~60歳くらい
・旦那いない(たぶん。存在を感じたことがない)
・20歳中頃の息子あり
・その息子はフリーターっぽい
・その息子は軽くチョケている
・オバチャンがせっせと生活費を稼いでいる

つまり、寂しいんやと思うねん。
愛情の捌け口。

けど、エサ以外の金と手間はかけない。

前も同じような感じで猫飼ってたらしいが、
ご本人は『病気になったみたいで死んでもうてん』と言うけど、
病気って分かってて放置したことは明白。
結局は、どの猫でも良くって自己満足オナニー的やん。



まぁな、飼い方はどうあれ、
あんたが寂しいってのは見てたら分かる。

オバチャン、赤ちゃん言葉全開で猫に話かける。

旦那に出て行かれ、息子は手を離れ、
しかし息子は働き頭にはならず、
日々アクセク働き続けなければならない。
熟年主婦の哀愁たっぷり。

どうにもせつない。

そして今日も、オバチャンの声が聞こえる。

『にゃんにゃーん、にゃんにゃーん』
スポンサーサイト
[2010/12/07 11:14] | よもやまな話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<何度でも言わせてください。 | ホーム | やめるという選択。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noisymob.blog65.fc2.com/tb.php/133-3bb047fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。